2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

本業以外のサービス

企業の業務上必用なソフトウェアは、色んなものがあります。
紙ベースで業務をしていた頃は、考えられないほど情報化が進んでおり、それに比して業務のスピードも上がっています。
見積りなどが典型的で、すぐに色んな部署、企業と連絡が取れるので、取引先からより早いレスポンスが求められています。

そこで、オススメしたいのが、グループウェアの導入です。
グループウェアとは、昔からあるソフトウェアサービスですが、基本的には企業の連絡手段が増えるサービスだと言えます。
例えば、メールソフト、電子決済ソフト、スケジュール機能、電子掲示板などがあります。これらの機能がきちんと使いこなせれば、導入前よりもより早いレスポンスが可能となります。

最近のグループウェアには、クラウドサービス化しているものがあります。
クラウドとは、インターネット接続してブラウザ上で運用するソフトサービスのことです。ご覧のとおり、人とのコミュニケーションが機能の大半なので、実はグループウェアはクラウドと相性が良いのです。

法人向けプロバイダでは、プロバイダ業以外にもグループウェアを提供する企業が増えています。
法人向けプロバイダが提供するグループウェアは、クラウド型のものが多いのです。法人向けプロバイダを選ぶ時は、つい月々のプロバイダ料金で選択しがちです。
しかし、法人向けプロバイダは、サービスが多様化しているので、プロバイダ業以外のサービスにも目をむけましょう。

remark

多くの企業で導入しているワークフローのシステムでは、企業に応じて最適なシステム構築ができるので業務改善も可能です。